《10/20》ハナイロ染めとハーブボールづくりWS

滋賀の固定種の大豆でテンペを手作りする木下実験室さんとコラボWS。初めてお手製のテンペを食べた時の感動ったら。お外でピクニックしながら、野草を摘んで染めて、旅のお話会とWSという盛りだくさんな内容です。


以下詳細です。




秋の野原。

目の前に広がるその景色を、閉じ込めることができたら。

ツユクサで色水を作ったり、ヤマブドウ(本当の名前はヨウシュヤマゴボウ)の濃いピンク色が服についてとれなくなったり、摘んできたお花や葉っぱをごはんに見立ててみたり、道端に咲いている花を摘んでお母さんにあげたり、まだ大人になっていなかったあの頃の記憶の断片。

ヴェトナムの山岳民族の、ごはんを作るのと同じような感覚で、布を染める、暮らしの中に息づく染めの文化。

今回は、東京から つきひほし さん(https://tsukihihoshi.jimdo.com/)を招いて、摘んだお花を使って布に染める「ハナイロ染め」のワークショップ、彼女たちが通うヴェトナム山岳民族の暮らしと衣を尋ねる旅のお話会(帰国後ホヤホヤ)、そして山岳民族・ザオ族の「ハーブボール」作りのワークショップを開催することになりました。

木下実験室のランチも、今回はピクニックスタイルで。自然と戯れる一日を。


以下詳細です。 

・・・・・・・・・・・・・

 日時:2018年10月20日(土)10:00〜16:30(※フル参加の場合)


場所:ことうヘムスロイド村(http://www.koto-hems.com/)

〒527-0102 滋賀県東近江市平柳町568


参加費:

ハナイロ染め・ハーブボールどちらか参加の場合…3800円

両方参加の場合…5800円

<どちらもランチは別途ドネーションでお願いします>


定員:

各8名ずつ (定員に達し次第締め切り)


内容:

10:00〜12:00 / シルクハンカチのハナイロ染め

…季節の野の花の色を水彩画のように写すハナイロ染め。今回はシルクの大判ハンカチをご用意してその日に摘んだお花やドライフラワーを使ってハナイロ染めします。染めてみたいお花をご持参頂いても構いません。

どんな色になるか楽しみながら染めましょう。

特に必要な持ち物はありません。洗ったり干したりするのにエプロン、タオルがあるとよいです。


12:00〜13:00 / 木下実験室のPay As You Feel - Picnic Lunch

…地元のオーガニック農家さんの野菜と、自家製のテンペを使った無国籍ヴィーガンランチをピクニックスタイルで。秋の野草もほんの少し登場させてみるかもしれません。どこかにヴェトナムっぽいものも登場予定。


13:00〜14:30 / ヴェトナム山岳民族の暮らしと衣を訪ねる旅 お話会

…ヴェトナム北部の深い山あいに暮らす山岳民族たち。そこには民族衣装を纏い自然と共に生きる昔ながらの暮らしがあります。急速な近代化の中に残る気の遠くなるような工程の手仕事と、山岳民族たちの美しい暮らしに魅せられた私たち、今回は9月にサパという地域を中心に旅します。その旅の様子や彼らの暮らしをお話したいと思います。


14:30〜16:30 / ヴェトナム山岳民族 レッドザオ族のハーブボール作り

…今回旅するタフィンという村に暮らすレッドザオ族はハーブの達人。彼らの暮らしにはいろんな薬草が取り入れられていて知識も豊か。

特に庭で採れた何種類もの薬草を煮出すハーブバスは至福のとき。とても気持ちがよいです。

その彼らのドライハーブを使ってハーブボールを作り体験しましょう。


申し込み・お問い合わせ: ▷ 木下実験室  walkinghitree.lab@gmail.com

※①名前 ②連絡先 ③希望ワークショップ ④人数 ⑤その他 とともに、メールもしくはFBページへお申し込み下さい。

※参加するボタンだけでは申し込み完了になりませんのでご注意ください。

※10月10日締め切りです。

※定員に達し次第締め切ります。

※キャンセルはご遠慮いただきますようお願いします。


#木下実験室#つきひほし#ワークショップ#ハナイロイ染め#ハーブボール