workshop

スピリットレスの衣生活からいのちある衣生活へ

買う事が当たり前のこの時代に
あえて、草木で染め、手縫いで衣を作り、
繕い、染め重ね、衣を育み、
一枚の衣を大切に着る。
そんな『いのちある衣生活』を
選んでゆきませんか。

ワークショップ*ラインナップ


染めて縫う、ちくちくWS

衣にも旬を。季節の草木で染めて縫う。着まわししやすいデザインのワードローブをちくちく手縫いで手作りするワークショップです。心を込めて作られた家庭料理が美味しいように、優しい氣持ちで手作りされた衣は氣持ちがよいもの。草木花、自然のいのちを纏うとその優しさに、自然と自然体になってしまいます。季節の草木の彩りを纏ってみませんか。

これまでのワークショップでつくった衣をご紹介しています。都内のカフェでのワークショップは3名さまより開催しています。つくってみたいものがあればリクエストください。出張も可能です。お問い合わせください。


ハナイロ染めWS

水彩画のような染め模様を布に写すハナイロ染め。植物のいのちの彩りでテキスタイルをデザインします。お花をちりばめた草花のいのちの色もように心がキュン。季節の野花や花壇の草花など様々な植物で染めることができるので、道端の草花も宝物。自然と自然を見る目が優しくなります。自然と仲良くなれる、お水や時間も少しでOKのエコロジーな草木染めです。 主に春から秋、お花が咲いているシーズンに染めワークショップを開催しています。ぜひ一度その楽しさ、美しさをご体験ください。彩り豊かな楽しい暮らしのはじまりです♪季節ごとのハナイロ模様はこちらより


森のアクセサリーづくりWS

「森から離れた心と暮らしをもう一度結び直してくれるアクセサリー」きらめ樹という間伐で蘇りつつある森から木を頂き、手で磨いてブローチやペンダントを手作りします。もくもくと無心になって磨き続ける時間は瞑想のごとし。角がとれてまあるくなっていく様は人生のごとし。まさに『みたま磨き』な木磨きです。磨いている時の香り、つるつるの木肌に触れているだけで癒されてしまいます。森の妖精『こだまちゃん』を衣に添えて、いつでも森を近くに感じてみてください。日本の木を使うことで、日本の森が蘇ります。それは世界の森を温存すること。未来に豊かな自然をつなぎます。



これまでのワークショップ


【wsreport】ハナイロ染めWSシルクハンカチ

8/5のハナイロ染めワークショップ。

素敵な色に染まりました!

どれも個性が出ていて素敵です。


暑い中ご参加頂いたみなさん、

ありがとうございました。


またぜひご自分で

チャレンジしてみてくださいね♫


#naturaldye#handmade#ハナイロ染め#つきひほし



出張でワークショップも可能です。

やってみたいなー♪と思いましたら、

詳しくは下記よりお問い合わせください。

4名様より催行いたします。

【wsreport】お茶染めワークショップ@自豊暮

2018.5.27  つきひほし×自暮豊 お茶染めWS

 

大釜でぐつぐつ、無農薬のお茶の葉で草木染め。こんな贅沢、なかなかできません。

茶摘みからはじまり、1日がかりでみんなでいっぱい染めました。子どもたちは絞りに夢中!何度も重ね染めて、素敵な染め衣ができました。

みなさんありがとうございました。

 

【wsreport】ちくちく草花染め合宿

10/14.15@藤野

染めとちくちくの合間に美味しいご飯と、心地よいハープとカリンバの音色の中でヨガのコラボも。なんという贅沢な時間!を過ごしてきました。
自分で染めて、ちくちく手縫いで仕立てる衣は愛着もひとしお。ハナイロ染めは、どこを切り取っても女子の心がキュンキュンする可愛らしさ!泊まりだと沢山染められたり、染め色を見てから重ね染めができたり、色々できます。みんな素敵に染まっていました^_^。また春になったら、春のお花でハナイロ染め合宿をやりたいと思案中です♪