about us

 

《 つきひほし 》の名前は「ツキヒホシ ホイホイホイ」と鳴く

日本と東南アジアを渡る渡り鳥、三光鳥のさえずりより頂きました。
ベトナムと日本の里山を訪れる私たちの姿を重ねています。
   
月、日、星(地球=大地)の3つの光は森羅万象を表し
月のように優しく、太陽のように明るく、大地のように力強い
自然と共に美しく生きる女性たちの姿も重ねています。

私たちが大切にしていること

一枚の布へ込められたストーリー。
誰が傷ついて作られた服よりも、みんながしあわせになれる服がいい。
それは地球にも私たちにも優しい服。

私たちは地球で出来ているから環境に負荷をかけず
自然のまんまの『いのち』を纏うことを意識したものづくりをシェアしています。

Works

ちくちく手づくりする衣。

繕い、染め重ね、育まれる衣。

解いてまた生まれ変わる衣。


スピリットレスの衣生活から、

いのちある衣生活へリデザインすることを

手仕事により伝えています。



季節の草木で染めて縫うWSやハナイロ染めWSなど

自然のいのちを頂いて衣を手作りするワークショップの主催


ヴェトナム山岳民族の手仕事による

いのちある布を活かした衣づくり、

ヴェトナム山岳民族の暮らしや衣を紹介しています。



つきひほし 季節の草木で染めて縫う、手仕事で旬の衣を作り纏う暮らし。いのちある衣生活

わたしたち

 

自然と手しごとをこよなく愛する
布好きトリオ
神奈川県の藤野を拠点に、
都内や関東近郊の里山で
手しごとのある暮らしをシェアしています。